地域産業保健センター事業

地域産業保健センター事業

地域産業保健センター事業

概要

地域産業保健センター事業とは産業医の選任義務のない労働者数50人未満の事業所の事業者や労働者を対象に労働安全衛生法で定められた保健指導等の産業保健サービスを労働者健康福祉機構から委託を受け無料で提供する公共事業です。尾道地域産業保健センターは広島産業保健総合支援センターとタイアップし尾道市医師会、因島医師会、世羅郡医師会、三原医師会(瀬戸田地区)が主体となり尾道労働基準監督署管内の事業者・労働者を対象として事業を運営しており、主に以下のサービスを提供しております。

代表者
尾道地域産業保健センター代表(尾道市医師会会長)
宮野 良隆

1、健康診断の結果についての医師からの意見聴取(労働安全衛生法第66条の4)

労働安全衛生法に定められている健康診断で、異常の所見があった労働者に関して、その健康を保持するために必要な措置について産業医から意見を聴くことが出来ます。

2、長時間労働者に対する面接指導(労働安全衛生法第66条の8)

時間外労働が長時間に及ぶ労働者に対し、疲労の蓄積状況の確認等産業医による面接指導を受けることが出来ます。

3、労働者の健康管理に係る相談

労働安全衛生法に定められている健康診断で、脳・心臓疾患関係の主な検査項目(血中脂質、血圧、血糖、尿糖、心電図)に異常の所見があった労働者に対して産業医が日常生活面での指導等を行います。

4、個別訪問による産業保健指導の実施

産業医が事業場を訪問し、作業環境管理、作業管理、健康管理等の状況を踏まえ、労働衛生管理について総合的な助言・指導を行います。

(注意)
(1) 上記のサービスの利用に当たっては事前の申し込みが必要です。
(2) 利用回数には制限があり2回以上利用するときは利用をお断りする場合があります。
(3) 上記1~3の実施場所は主として尾道市医師会館、因島商工会議所、世羅町商工会、尾道しまなみ商工会瀬戸田支所です。尚、希望により事業場訪問もいたします。

ご利用申込用紙はこちらからダウンロードができます。

健康相談・面接指導利用申込書

5、産業医の斡旋等

  • 日本医師会認定産業医(尾道市医師会、因島医師会、世羅郡医師会所属)の名簿の閲覧及び産業医の斡旋。
  • 広島県内の労働衛生コンサルタントの名簿、健診機関・作業環境測定機関の名簿の閲覧。

●お問合せ先

尾道地域産業保健センター

〒722-0025 尾道市栗原東2丁目4-33 (尾道市医師会館内 1F)
TEL:0848-23-2277/FAX:0848-23-2296

地域産業保健センター事業